ワゴンR MH21S/MH22SマツダMJ21S/MJ22S BLITZマフラー,

REALレアル オールウッドステアリング ノーマルタイプ 05ライトブラウン 品質が

REALレアル オールウッドステアリング ノーマルタイプ 05ライトブラウン
REALレアル オールウッドステアリング ノーマルタイプ 05ライトブラウン ※新品未使用です。 ※ホーンボタンも全て付属しています。
ナウマンゾウの化石の発見現場脇で始まった足跡化石の発掘調査=北海道幕別町忠類で2022年10月19日午前11時9分、鈴木斉撮影 拡大
ナウマンゾウの化石の発見現場脇で始まった足跡化石の発掘調査=北海道幕別町忠類で2022年10月19日午前11時9分、鈴木斉撮影

 数十万年前の氷河期に日本列島に生息し、長い牙が特徴のナウマンゾウ――。1969年に国内で初めて、ほぼ1体分の骨格化石が発掘された北海道幕別町忠類地区(旧忠類村)で19日、町教育委員会が新たに調査を始めた。今回は地層を丹念に調べ、生態を知る手がかりとなる「足跡化石」を探す。関係者は「改めてナウマンゾウが地域の宝であることを伝えたい」と意気込んでいる。【鈴木斉】

 ナウマンゾウは氷河期に日本に生息したゾウの一種。大きさは動物園などで見られるアジアゾウよりもやや小型だ。忠類地区で69年7月、農道工事現場で歯の化石が見つかり、70年の本格調査で骨格化石が発掘された。ナウマンゾウの化石が見つかっているのは全国で約200カ所あるが、1頭が「ほぼその場で埋没した形」で発掘されたのは忠類地区だけ。学術的にも貴重な現場とされる。

 足跡化石は「生痕化石」と呼ばれ、骨などのように生物の体そのものでなく、活動したことが分かる痕跡のこと。それらを地層ごと切り出したり、石こうなどで型取りしたりして研究する。調査を主導する町教委の添田雄二学芸員(49)は「生痕化石から当時の動物の様子が把握できる。それに連続した足跡化石が見つかれば、どのように歩いていたかなど、ナウマンゾウの生態をつかむきっかけになる」と期待する。

 69、70年に大掛かりな発掘調査は実施されたが、その後の調査でも発見があった。2008年の現地の地質調査で足跡とみられる多数のくぼみが見つかり、特に大きな2個がナウマンゾウとシカ類の足跡と確認されて道内初の足跡化石に認められた。発掘50周年の記念事業として19年に今回の調査は始まり、22年で4年目になる。

 これまで型取りした足跡化石の分析は、専門グループの滋賀県足跡化石研究会(同県栗東市)に委託。ただし、忠類地区の足跡化石は洪水とみられる流水の影響などで、くぼみに小石などが入り込み、形状が変わって動物の特定が難しいケースも多いという。関係者は「保存状態のよい足跡化石を見つけられたら」と言う。

 19日の調査は研究者ら6人が参加。21年の発掘場所の土砂などを取り除き、作業に入った。初参加した足跡化石研究会の岡村喜明代表(83)は「骨と足跡の化石が両方とも発掘された現場は国内で珍しい。当時の『動物の世界』にどこまで迫れるか。よい発掘にしたい」と話した。

見学ツアーも

 調査は23日までの5日間で集中的に行う予定。地元の中学生も加わるほか、22、23日に一般市民対象の見学ツアーも初めて実施される。添田学芸員は「半世紀を経て、忠類地区で見つかった化石の研究価値は高まっている。多くの発掘現場は土地造成などで失われる。誰もが目の前で発掘調査を見ることができる忠類の現場の貴重さを知ってほしい」と述べた。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

REALレアル オールウッドステアリング ノーマルタイプ 05ライトブラウン ステアリング 品質が

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版1面

日野 プロフィア レンジャー シーケンシャル ウインカー テールランプ タイプB

 商船三井は7日、世界初の硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載した石炭船「松風丸」の建造資金として、三井住友銀行とトランジションリンクローン(移行リンクローン)による資金調達契約を締結…

2022年10月11日デイリー版2面

IS-F Brembo ブレンボ リア ブレーキ パッド 残量◎ 安心の純正品番

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月11日デイリー版2面

スズキ ha36s アルトワークス 純正キャリパー、ローター

 石油連盟は6日、OPEC(石油輸出国機構)加盟・非加盟国から成るOPECプラスが11月以降の日量200万バレルの減産を決定したことを受け、木藤俊一会長(出光興産社長)のコメントを発表した。木藤会長は…

2022年10月11日デイリー版2面

三菱ランサーエボリューション7(CT9A)純正フロントキャリパー(ブレンボ製)

 不定期船向け運航管理システムを提供する米ベソン・ノーティカル(本社・ボストン)は6日夕、東京都内のホテルで懇親パーティーを開催した。集まった邦船オペレーター関係者ら参加者120人超に向け、最新の製品…

2022年10月11日デイリー版2面

ジムニー JB23 のABS付車用 容量UP!! 大容量ブレーキマスター訳有商品

 「欧州のオーナーオペレーター(船主兼運航船社)の首脳が最近来日し、日本船主との間でまとまった隻数のケミカル船のセール&リースバック(S&LB)案件を決めたことが話題になっている」(商社船舶部) …

2022年10月07日デイリー版1面

【Project μ】V36クーペ ブレーキパッド HC+1台分前後セット

 瀬戸内しまなみ海道で30日に開催される国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」に多数の欧州の海運関係者らの参加が見込まれている。日本は11日から入国制限が緩和され、海外の海事関係者の来日…

2022年10月07日デイリー版1面

DIXCEL リアブレーキパッド Mタイプ(ダスト超低減) レガシィBE/BH

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版4面

AP1 S2000 ブレーキマスターシリンダーassy

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版1面

DIXCEL ブレーキローター アウディTT 3.2  TTS 8J フロント用

 清水建設が建造を進めてきた世界最大級のSEP船(自己昇降式作業船)が完成し、5日、兵庫県相生市のJMUアムテック相生事業所で報道陣に公開した。今回のSEP船は約2万8000総トン、クレーンの吊り上げ…

2022年10月06日デイリー版2面

インプ、レガシィブレーキパッド

 東京大学が4日に開催した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」では、日本の海事クラスターの競争力強化のため、デジタルエンジニアリングをどう活用するか活発な議論が行われた。次世代燃料…

2022年10月06日デイリー版4面

S30 Z リアブレーキ

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

BNR32 フロントブレーキキャリパー GTR

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

ENDLESS ブレーキローター 1台分

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…