トヨタ 30プリウス 直管 ストレート ワンオフ リアピース マフラー デュアル,

ナルディ ウッド ステアリング 33パイ 超熱

ナルディ ウッド ステアリング 33パイ
ナルディ ステアリング ウッド 33パイ 小径 外径325mm クラシック ヴィンテージ
オーストラリアなどが原産のイエアメガエル(家雨蛙)。新興感染症「カエルツボカビ」は世界の希少なカエル集団に絶滅の危機をもたらしているとされる 拡大
オーストラリアなどが原産のイエアメガエル(家雨蛙)。新興感染症「カエルツボカビ」は世界の希少なカエル集団に絶滅の危機をもたらしているとされる

 ネアンデルタール人由来の遺伝子を、現代人も受け継いでいる――。そんな研究が、今年のノーベル医学生理学賞に輝きました。過去の生物の遺伝情報をたどる研究は、人間以外の動物でも進んでいるようです。国立環境研究所生物多様性領域生態リスク評価・対策研究室長の五箇公一さんが、ある動物をめぐるやっかいな感染症の歴史について解説します。

 今年のノーベル医学生理学賞に輝いた独マックスプランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ教授は、ネアンデルタール人やデニソワ人といった旧人類の化石に残るDNAを分析することで、その遺伝的構造を明らかにして、人類の進化プロセスについて新たな事実を次々と発見した。

 通常、古い化石や環境中に残るDNAサンプルは分解されて劣化しており、そのままの状態ではとても遺伝子情報は読み取れない。だが、PCR法や次世代シーケンシングなど革新的なDNA解析技術の開発によって、バラバラになった過去のDNA断片を拾い集め、それらをつなぎ合わせることで、遺伝子情報を復元することが可能となった。

 さらにペーボ教授は、旧人類が現人類と交配し、そのDNAの一部が現人類に受け継がれていることを明らかにした。

 これら旧人類から受け取った遺伝子によって、免疫系などさまざまな形質を進化させた我々人類は新たな環境にも適応して、その生息域を拡大できたと言われている。

 一方で、最近では新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが、ネアンデルタール人由来の遺伝子と相関があるのではないかというデータも示され、話題となった。

 このように化石や環境中に残る過去の遺伝子情報を掘り起こし、生物の進化や分布拡大のプロセスを探る研究は、人類以外の生物種でも近年、盛んに進められている。

DNA情報に基づくカエルツボカビ菌の推定分布拡大過程を示した図=五箇公一さん作成 拡大
DNA情報に基づくカエルツボカビ菌の推定分布拡大過程を示した図=五箇公一さん作成

 筆者の研究対象の一つであるカエルツボカビという両生類特有の新興感染症でも、病原体であるカエルツボカビ菌の分布拡大プロセスが追跡調査されている。世界各地で両生類のホルマリン標本から菌のDNA情報を収集し、いつの時代に、どの系統の菌が侵入したかについての分析が進む。

 これまでに世界各地から報告されたDNAデータと、日本国内で収集されたDNAデータを照らし合わせると、カエルツボカビ菌の遺伝的多様性が高いエリアは日本を含む東アジア地域だった。ここが本菌の起源と推定され、ここから1900年前後に最初にブラジルに菌が持ち込まれたと考えられた。

 この時代に日本からブラジルへの移民が開始されており、この「人流」に伴って、何らかの生物資材や水に混入した菌が移動したのではないかと想像することもできる。

 その後、70年代以降に世界各地に急速に菌が広がったとされ、まさにグローバル経済の加速が、カエルツボカビのパンデミック(世界的大流行)につながったと考えられる。

五箇公一さん=茨城県つくば市の国立環境研究所で2022年5月17日、竹内紀臣撮影 拡大
五箇公一さん=茨城県つくば市の国立環境研究所で2022年5月17日、竹内紀臣撮影

 個人的には、日本(アジア)のカエルツボカビ菌もグローバル時代に世界に飛び出し活躍しているんだなあ、と感慨深く思うこともあるが、外来種・感染症問題として捉えれば、極めて深刻な事態と考えなくてはならない。

 今後も遺伝子解析技術の進歩とともに、生物進化の歴史がひもとかれ、生物多様性の未来についても重要な示唆を与えてくれるであろう。(国立環境研究所生物多様性領域生態リスク評価・対策研究室長)=次回は11月24日掲載

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ナルディ ウッド ステアリング 33パイ ステアリング 超熱

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版1面

シルビアs14

 商船三井は7日、世界初の硬翼帆式風力推進装置「ウインドチャレンジャー」を搭載した石炭船「松風丸」の建造資金として、三井住友銀行とトランジションリンクローン(移行リンクローン)による資金調達契約を締結…

2022年10月11日デイリー版2面

スズキ軽フロントブレーキ大径化!ディクセルローター、キャリパー専用カバー付!

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月11日デイリー版2面

20セルシオ キャリパー ucf20

 石油連盟は6日、OPEC(石油輸出国機構)加盟・非加盟国から成るOPECプラスが11月以降の日量200万バレルの減産を決定したことを受け、木藤俊一会長(出光興産社長)のコメントを発表した。木藤会長は…

2022年10月11日デイリー版2面

ルーテシアIV RM5M1用 プロジェクトμ タイプHC-CS フロント

 不定期船向け運航管理システムを提供する米ベソン・ノーティカル(本社・ボストン)は6日夕、東京都内のホテルで懇親パーティーを開催した。集まった邦船オペレーター関係者ら参加者120人超に向け、最新の製品…

2022年10月11日デイリー版2面

日野 プロフィア レンジャー シーケンシャル ウインカー テールランプ タイプB

 「欧州のオーナーオペレーター(船主兼運航船社)の首脳が最近来日し、日本船主との間でまとまった隻数のケミカル船のセール&リースバック(S&LB)案件を決めたことが話題になっている」(商社船舶部) …

2022年10月07日デイリー版1面

日野 プロフィア レンジャー テールランプ用 シーケンシャルユニット タイプA

 瀬戸内しまなみ海道で30日に開催される国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」に多数の欧州の海運関係者らの参加が見込まれている。日本は11日から入国制限が緩和され、海外の海事関係者の来日…

2022年10月07日デイリー版1面

ヴェゼル VEZEL RU3 純正左右リアキャリパー

 日本郵船は6日、同社と同社グループのNYKバルク・プロジェクトの基幹システムに、ベソン・ノーティカル(本社・米ボストン)が提供する運航管理システム「Veson IMOS Platform」(VIP)…

2022年10月07日デイリー版1面

トヨタ純正 TE27 レビン トレノ用 リヤブレーキホイルシリンダー

 2020年に発足したオーシャンテクノロジーズ・グループは、海事eラーニング大手の「シーガル」と同「ビデオテル」を傘下に有し、積極的なM&A(買収・合併)戦略でクルー管理やフリート管理分野を含めて存在…

2022年10月07日デイリー版4面

日野 プロフィア レンジャー シーケンシャル ウインカー テールランプ タイプA

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月07日デイリー版6面

S15 ブレーキローター

 NTTと海洋研究開発機構(JAMSTEC)はこのほど、「超広域大気海洋観測に関する研究」について、共同研究契約を結んだ。未踏領域を含む海域での観測データの充実を図り、地球環境シミュレーションの精度向…

2022年10月06日デイリー版2面

10系アルファード用 idealキャリパーブラケットセット

 東京大学が4日に開催した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」では、日本の海事クラスターの競争力強化のため、デジタルエンジニアリングをどう活用するか活発な議論が行われた。次世代燃料…

2022年10月06日デイリー版4面

スバル R2 フロントブレーキパッド

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

30プリウス リアピース ストレートマフラー

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

30アルファード 30ヴェルファイア スリーキャッツ 中間ストレート マフラー

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…