30ヴェルファイアマフラー,

ムーンアイズ グラント ステアリング 【格安saleスタート】

ムーンアイズ グラント ステアリング
ムーンアイズのグラントステアリングになります。 当時品購入しましてシビックにつけておりました。 ホーンボタンは平型になります。 経年劣化の傷などありますが、まだまだ綺麗で使っていただける物となっております。 質問等有ればコメントよろしくお願いします!
静岡県小山町の県道で観光バスが横転した事故現場=2022年10月13日午後1時43分、本社ヘリから 拡大
静岡県小山町の県道で観光バスが横転した事故現場=2022年10月13日午後1時43分、本社ヘリから

 富士山麓(さんろく)を走る静岡県小山町の県道「ふじあざみライン」で13日、観光バスが横転し、乗客1人が死亡、26人が重軽傷を負った事故は、ブレーキの多用で制動力が低下する「フェード現象」が原因とする見方が専門家の間で強まっている。

 自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で送検されたバス運転手は「ブレーキが利かなくなった」と話しているという。乗用車でも起きる可能性があるフェード現象。どうやって防いだらいいのか。

 事故は13日正午前に発生した。旅行会社大手「クラブツーリズム」(本社・東京)が企画した観光ツアー中、乗客・乗員36人を乗せた観光バスが右下りカーブを走行中に道路左側の斜面に乗り上げ、横転したとみられる。静岡県警が運転手やバスの運行会社「美杉観光バス」(埼玉県飯能市)などを捜査している。

 「運転手の発言や事故現場の地形から、フェード現象が発生したと考えるのが自然だ」。警察や損害保険会社の依頼で100件を超える交通事故の原因を調べてきた交通事故鑑定士の中島博史さん(56)=千葉県柏市=は、今回の事故についてこのような分析をしている。

 一般的な自動車のフットブレーキは、車軸に取り付けた金属に樹脂などで作られた摩擦材を接触させ、駆動力を摩擦熱に変えて動きを止める仕組みだ。

 しかしフットブレーキを多用すると摩擦材が過熱して溶け、金属との接触面に働く摩擦力が急速に低下する。フェード現象は山道などの急な下り坂で速度を落とす際に発生することが多い。

静岡県小山町の県道で横転した観光バス=2022年10月13日午後1時55分、本社ヘリから 拡大
静岡県小山町の県道で横転した観光バス=2022年10月13日午後1時55分、本社ヘリから

 中でも大量の荷物や人を運ぶトラックやバスなどの大型車はブレーキをかける際に生じる摩擦熱が大きいためフェード現象が起こりやすく、過去には道路外への横転や転落、多重衝突などの重大事故が発生している。

 2002年6月には静岡県熱海市で観光バスが県道脇の石垣に衝突。1人が死亡し33人が重軽傷を負った。13年2月には大分県九重町で観光バスが町道からJRの線路に転落、44人が重軽傷を負っている。

 ただ大型車の多くはフットブレーキだけに頼らず、エンジンからの駆動力を抑える排気ブレーキやリターダーなどの補助ブレーキを備える。

 中島さんは「大型車の運転手にとって、補助ブレーキを使うことは基本だ。フットブレーキの多用に加え、整備不良など何らかの不具合で補助ブレーキも作動しなかったのではないか」とも推測する。

 フェード現象は大型車に限った問題ではない。日本自動車連盟(JAF)は普通乗用車、中でも多人数が乗車し、荷物も積み込めるスポーツタイプ多目的車(SUV)やミニバンの運転には特に注意が必要と指摘する。

 マニュアル車、オートマチック車ともにギアを低速に切り替えることでフットブレーキに頼らず速度を落とせるといい、担当者は「運転をする際は低速ギアの存在を頭に入れておいてほしい」と注意喚起する。

 折しも政府の旅行需要喚起策「全国旅行支援」が始まり、車の運転に慣れていない人がハンドルを握る機会も増えると予想される。JAFは「下り坂にさしかかる前に減速し、車間距離を空けるなど、日ごろから安全運転を心がけて」と呼びかける。【渡辺薫、五十嵐和大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ステアリング グラント ムーンアイズ ステアリング 【格安saleスタート】

日本郵船、商船三井、川崎汽船ほか国内外の海運会社の事業やサービス、国土交通省の海事行政や国際機関の環境規制など、外航海運全般に関するニュース

カテゴリー
キーワード
検索期間

 〜 

※最長5年間

308件の記事が見つかりました ( 外航全般カテゴリ / キーワード指定なし / 2022年07月12日〜2022年10月11日 )

2022年10月11日デイリー版2面

サード SARD スポーツ触媒 CT9A

 日本郵船は7日、燃料アンモニアの利用拡大について官民連携して話し合う「燃料アンモニア国際会議」に中村利執行役員が登壇し、燃料アンモニアの舶用利用に向けて取り組み状況などを紹介したと発表した。同会議は…

2022年10月07日デイリー版1面

プリウス50

 瀬戸内しまなみ海道で30日に開催される国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」に多数の欧州の海運関係者らの参加が見込まれている。日本は11日から入国制限が緩和され、海外の海事関係者の来日…

2022年10月07日デイリー版1面

直人 様 専用 EJ20 EJ25インタークーラー用パイピング

 2020年に発足したオーシャンテクノロジーズ・グループは、海事eラーニング大手の「シーガル」と同「ビデオテル」を傘下に有し、積極的なM&A(買収・合併)戦略でクルー管理やフリート管理分野を含めて存在…

2022年10月07日デイリー版4面

VW golf7 ゴルフ7 GTI用 ストレート中間パイプ レゾネーターデリート

 【中部】トヨフジ海運は9月、運航する自動車運搬船が豪州農林水産省より「VSPS」(船舶の季節性病害虫対策)の認証更新を受けたと発表した。豪州への入港時、カメムシの侵入を目的に実施する検疫検査が緩和さ…

2022年10月06日デイリー版1面

jog??ハリケーンチャンバー

 2023年から導入されるIMO(国際海事機関)のCII(燃費実績格付け制度)でのインセンティブを念頭に、オペレーター(運航船社)・船主間の連携が強まる可能性がある。IMOは港湾、保険、金融、水先人な…

2022年10月06日デイリー版2面

シビック FC1 柿本改マフラー

 東京大学が4日に開催した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」では、日本の海事クラスターの競争力強化のため、デジタルエンジニアリングをどう活用するか活発な議論が行われた。次世代燃料…

2022年10月06日デイリー版4面

シルビア s15 純正触媒

 「欧米各国を中心に水際対策の緩和が続いている。それに伴い、船員交代率は平時の9割程度、コロナ前に近い水準にまで戻ってきている」 コロナ禍により世界規模で停滞し続けてきた船員交代の現状について、こ…

2022年10月05日デイリー版1面

アクア センター出しマフラーです。メーカーは不明です。

 東京大学は4日、デジタルエンジニアリングを海事分野に取り入れた社会連携講座の新設を記念した「海事デジタルエンジニアリング講座設置記念シンポジウム」を東大本郷キャンパス(東京都文京区)で開催した。海事…

2022年10月05日デイリー版1面

100系ハイエース マフラー

 商船三井は4日、デジタル技術を活用し船舶のCO2(二酸化炭素)排出削減を目指すブルー・ヴィスビー・コンソーシアムに参画すると発表した。同コンソーシアムは船舶の目的地到着時間を最適化するプラットフォー…